収益物件を所有していると銀行等の金融機関からの信頼度が上がる

特典がたくさんあります

住宅

節税にもなります

中古ワンルームマンションや1棟アパート等の収益物件を保有していれば、様々なところでメリットがあります。まず最初に挙げられるメリットは信用力が大きく増すということです。銀行等の金融機関は不動産を保有していると、積極的に融資をしてくれるようになります。収益物件を買い増したい時や事業資金を融資してもらいたい時に、不動産を担保として提供すると話がスムーズに進みます。2つ目のメリットが相続税の節税対策になるということです。収益物件のように他人に賃貸している不動産は相続税評価額が大きく下がります。そのため、1億円の現金を持っているよりも1億円相当分の収益物件を保有している方が相続税の支払いは少なくて済みます。

共有することも考えよう

3つ目のメリットは安定収入の確保です。収益物件にテナントが付いている限り、毎月の家賃収入が発生します。日々の管理は賃貸管理会社が行ってくれるため、投資家自身が手を煩わすことはほとんどありません。不動産投資というと空室リスクを心配する人も多いですが、エリアを間違わなければ、空室リスクは抑えることができます。また、最近では不動産特定共同事業という形で、不動産を共有する投資商品も増えてきています。共有することができれば、共有している投資家同士で収入もリスクも分け合うことができます。また、不動産特定共同事業の投資商品であれば、不動産の中では比較的投資額の小さい中古ワンルームマンションよりもさらに少額で購入することが可能です。

使いやすくするためにも

駐車場

マイホームの駐車場を綺麗にしたり使いやすくしたりする工事は業者さんにお願いをしなくても自分でやることができます。ホームセンターに行けば砂利やセメントといった材料やそれを使うために必要な道具を一通りそろえることができ、あとはインターネットで調べながら工事をすれば綺麗な駐車場の出来上がりです。

More Detail

賃貸経営の課題を克服

家

賃貸経営には、空室リスクや収入が安定しないなど様々な課題があります。サブリース契約をして賃貸を長期で委託することで、様々な課題から解放されながらも賃貸物件の安定的な収益を受け取ることができるようになってきます。

More Detail

みんなで投資を出来る

模型

自己資金を用意してマンションを購入するのは結構リスクが高いです。そこでみんなで大家さんを利用してリスクを少なく不動産投資をしましょう。みんなで大家さんは利回りも6%ほどあるので安定感もある優れた投資信託です。

More Detail